自律神経測定

【自律神経測定について】

大阪市立大学との共同開発により作られた『バイタルモニター(特許技術)』という自律神経測定器を使います。

この、バイタルモニターは、心電と脈波を同時に測定することが可能になり、短時間で安定した連続データを取得することが出来ます。

自律神経の交感神経・副交感神経の状態はアプリにより数値化して確認していただけます。

自律神経管理士として、食生活や生活リズム、睡眠の状態などカウンセリングさせて頂き、測定後は測定結果を踏まえたアドバイスをさせて頂きます。

データは保存されますので、定期的に測定することによりストレスマネージメントや健康管理に役立てて頂けるようになります。

【測定機器について】

大阪市立大学との共同開発により、心電と脈波を同時に測定することが可能になったバイタルモニターを使います。

クリニックで使用されているものと同等のものです。

測定時間は2分!

心電と脈波を同時に測定することで欠測値が少なく、短時間で安定した連続データを取得することが出来ます。

データは保存されますので、過去データと比較することでご自身の健康管理に役立てて頂くことが出来ます。

【バイタルモニター診断結果 サンプル】